色々な方法で綺麗に取り除くことができます

サイトメニュー

除去するのは簡単

女性

美容系のクリニックで簡単に取ってもらえる

ほくろは、できる場所によっては、チャームポイントとして魅力をアップしてくれるありがたいものです。しかし、場所が悪かったり、大きすぎたり、たくさんあったりするのなら、やはり前向きにチャームポイントとしては考えられないでしょう。もしも、邪魔なほくろがあるのなら、現在では簡単に除去してもらえるので、美容系のクリニックを訪れることをおすすめします。美容系のクリニックならば、元々なかったようにキレイに除去してくれるためコンプレックスを解消できます。小さなものだけではなく、大きなほくろもしっかりと除去してくれるので、悩んでいるのなら、さっそくドクターの診察を受けましょう。ちなみに、美容系ではない普通の皮膚科でも、ほくろを除去してもらうことは可能です。もし、病気の可能性を疑っているのなら、治療が専門の普通の皮膚科に診てもらいましょう。病気の疑いがあるのなら、検査するために、保険を使って除去してくれます。ただし、できる限りキレイに取って欲しいなら、美容系のクリニックをおすすめします。普通のところは『検査のために取る』で、美容系のところは『見た目を改善するために取る』なので、どちらがキレイに取ってくるのかは一目瞭然のはずです。

ほくろを除去してもらいたいなら、まずは美容系のクリニックを訪れて、ドクターの話を聞くようにしましょう。もしも、ほくろが小さなサイズならば、炭酸ガスレーザーを使って除去することをすすめられるはずです。大きいサイズのほくろの場合は、炭酸ガスレーザーでは間に合わないので、メスを使った切除をすすめられるでしょう。もちろん、ドクターと相談しながら決められるため、自身のほくろにとってベストな方法を選択できます。なお、炭酸ガスレーザーを使う施術ならば、一個あたり十分もかからない施術なのですぐに終わります。麻酔をしてくれるので、レーザーを照射されても軽い痛みしか感じません。そして、ほくろを除去したあとは、施術をした箇所にしばらくテープを貼って保護しなければいけない場合がほとんどです。そのため、突発的に美容系のクリニックを訪れるのではなく、きちんと計画を立ててから診察を受けるようにしましょう。一週間から二週間程度は、テープを貼り続けることになるので、大丈夫な時期を選ぶとよいです。また、テープを貼る以外にも行わなければいけないアフターケアがあるので、施術を受ける前にドクターから説明してもらう必要があります。傷口のケアや紫外線に気をつけることなど、いろいろと説明されるため、キレイな肌になりたいのなら絶対守るようにしましょう。